关于影响力的问题,自己主張を言わないでください

  此文没有用“专业人士”之名来炫耀之意图,更没有所谓“你们算个毛敢跟这些人比么”的无聊无力的论调,只纯粹针对现在比较流行的一个观点:“madoka一作只在没有学识的宅男圈受到喜爱,而无法登上大雅之堂,更别说和那些‘埋没的名作’相比”来打脸,证明这个作品的影响力。

(作文练习,如有错误请多指正,谢谢大家!)

2006年夏に劇場公開された細田守監督の「時をかける少女」を観た。

  至于娱乐性以及商业性等其他比较流行的问题,我认为毛姆等作家都对这个话题进行过有趣的议论,我无颜再这之上还说什么,有兴趣的话还请去看看-

  
看过并且喜欢的(因为是转自我贴吧中的记录,请勿吐槽简繁字体问题w),其中包括小说家,艺人,社会学家,动画导演等等。

庵野秀明、押井守、小池一夫、古川タク
豊田有恒、舛成孝二、冈田斗司夫、明贵美加
宫部みゆき、伊藤和典、吾妻ひでお、宫台真司、冲方丁
贵志佑介、堀晃、氷川竜介、ひろゆき 水岛精二 田中ロミオ
山口晃、藤岛康介、椎名高志、志村贵子 
おぎやはぎ、加藤浩次、山里亮太、长嶋自演乙、天津向、
サンキュータツオ、やさしい雨松崎、ダイノジ大谷、杉作J太郎
ドリカム中村、宫崎哲弥、森永卓郎

最近はツイッターである小説初心者のグループに参加した。

実は、細田監督の「サマーウォーズ」に、違和感を感じた(感想:「サマーウォーズ」の綺麗な理想と、その観心地の悪さ)僕としては、微妙に観たくない作品だったのだが、評判もよさげなので思い切って観てみたのである。
しかし、結果としては、本当によかった。文句なく傑作である。

松井玲奈、しょこたん、佐藤かよ 辻真先

下面节选一些评论:

首先是社会人士的评价:(第一个人的话又是针对隐喻的w)


痞子(庵野秀明):いいですよね。キュゥべえ。口パクも排除し记号としてのキャラクターとして、彻底されていて気持ちいいですね。魔女の记号化とかも巧いですね。あと、いいですよね、音楽。営业のテーマなど好きな3曲の剧伴欲しさにブルーレイ2巻は买いました。それといいですよね、第10话。ほむほむの描き方がよかったです。アニメ作品の発表形态として、テレビでなく剧场シリーズという新たな形がこの先、定着していくといいなと考えています。期待してます。

グループの名前はノベリ隊です。

話の舞台は、2006年頃(多分)の日本。ひょんなことからタイムリープ(時空移動)能力を得てしまった今風の普通の女子高生(真琴)のほんの数日間の物語である。
彼女には、いつもつるんでいる仲のいい二人の男子高生・功介と千昭がいた。
最初、真琴はタイムリープ能力を本当にくだらないこと、例えば、妹に先に食べられたプリンを自分で食べるとか、カラオケを10時間ぶっ通しでやるとか、夕飯の筑前煮を避けるために一昨日の晩御飯時に戻るとか...にその能力を費やしてしまう。
しかし、そのうちに自分の能力を、男子二人の人間関係(恋愛関係)のために使うようになり、物語はちょっと複雑になっていく。

剧场版のより一层の飞跃と、ほむほむとキュウべえの剧伴の更なるご活跃を心より、お祈りします、特にブラッシュアップされたキュゥべえがひたすら楽しみです。

冲方丁(1977生)

『まどか☆マギカ』においては、定型ジャンルの方程式を前提としつつ、常にそれを裏切ることで期待感を確保しつつ、衝撃的な真実の暴露においてSFガジェットをふんだんに盛り込み、個人と世界の救済を等価値に設定するアニメらしさを失わず、冒頭からの「願い事」といキーワードを巧みに織り込み、ラストでカタストロフをもたらす存在を、カタルシスをもたらす存在へと変貌させる、変調構成にきわめて優れていたと感じます。
しかし個人的には、「神」をいかに語るかという点で、「概念」「シフト」といった別の言葉への置き換えが目立ったと感じました。

冲方丁 – Wikipedia
(うぶかた とう、1977年2月14日 –
)は、日本のライトノベル作家、SF作家、コンピュータゲーム制作者、漫画原作者、アニメ制作者である。

参加した時に隊長さんは相互評価は禁止 喧嘩しない 荒らさない
他人の噂話しない 楽しくやる
来るもの拒まず去るもの追わずというルールを私に説明した。

それぞれの男子を好きな女子のためにその能力を使うのだが、それに連れて、今までの三人のいい関係が微妙に崩れていくのだ。
特に、茶髪のイケ男・千昭に告られたシーンをタイムリープで避け、同級生の友梨と千昭をくっつけた真琴の心の中に、それまでは意識していなかった微妙な嫉妬心が沸いてくる。
ちなみに、この心の動きは、まさに三角関係によって生じる欲望の発生であり、夏目漱石の小説をも彷彿させる。柄谷行人の愛読者だという細田監督の教養を感じさせる展開である。

代表作:『マルドゥック・スクランブル』『蒼穹のファフナー』『シュヴァリエ』『ヒロイック・エイジ』『天地明察』

貴志祐介(1959生)

今回、最も頭を抱えた作品が、『魔法少女まどか☆マギカ』だった。
アニメーションに関する知識が乏しいために、先行作品との比較や、技術的な評価が難しかったからである。
しかし、『鉄腕アトム』など日本のアニメーションの草創期に脚本を書かれた豊田有恒さんと、現在のアニメに詳しい冲方丁さんに、大いに助けてもらった。

魔法少女ものというジャンルがあることを初めて知ったが、その枠組みを裏切るダークな展開と、異世界での戦闘に現代絵画のような表現を用いたのは面白かった。
残念ながらSF大賞の選は漏れたが、すでにカルト的な人気を博している作品であり、いささかも、その評価を貶めるものではないだろう。

貴志祐介 – Wikipedia
(きし ゆうすけ、男性、1959年 –
)は、大阪府出身の小説家、ホラー小説作家。

私はルールを守りますと承諾した。

さらに、もう一人の男子・功介に対しても、彼を慕う下級生との間を取り持つ真琴であるが、結果として、二人を踏切事故に遭わせてしまう。
それを何とかしようとする真琴であるが、その過程で、そのタイムリープの原因を知ることになる。

代表作:『黒い家』

豊田有恒(1938生)

『魔法少女まどか☆マギカ』
アニメの創成期に、『エイトマン』『鉄腕アトム』など、多くのSFアニメのオリジナル脚本を執筆した選者だが、七十三歳にして、いまさら少女アニメと、感性が合うものかどうか、はなはだ疑問だった。
ところが、そんな疑問は、見はじめたとたんに、消しとんだ。
多くの魔法テーマのアニメを見ているが、一ひねりも二ひねりもしてあり、あっという間に十二話、すべて面白く観られた。
ただ、九話目になって、はじめてSFになる。
最後は壮絶である。後味が良くないのは、時代の風潮なのだろう。

豊田有恒 – Wikipedia
(とよた ありつね、1938年5月25日 –
)は、日本の作家。SF作家、推理作家、翻訳家、脚本家、評論家。

そして二三日目の時、グループの中で、誰が西尾維新でも毎日二万字なのに、すごいと言って、私は条件反射に、西尾維新の小説は無駄なセリフが多いんですねと返事しちゃった。中国では、こういう風に作家を評判するのは普通のことですから、その時の私は何と無神経の発言をしたかまだ分からなかった。

その能力は、実は、未来世界からやってきたという千昭が持っていた胡桃に似た小さなタイムマシンの機能によっていたのだが、それが、偶然、真琴に備わってしまったことが原因だったのである。
そして、その原因とともに、千昭が何故、この時代にやってきたのかという理由も知ることになる。
実は、千昭は、この時代にだけ実物として存在したという記録がある『白梅ニ椿菊図』という絵画の実物を観るために、現代にやってきたというのだ。
さらに、偶然にもその絵画は、不思議な雰囲気を持つ美術館学芸員の叔母・和子(真琴曰く「魔女おばさん」)が修復している絵画だったのである。

代表作:『スペースオペラ大戦争』『日本新神話物語/日本武尊SF神話シリーズ』

堀晃(1944生)

日頃テレビを見ないので、連続アニメとして放映された『魔法少女まどか☆マギカ』について正しく評価できるか心許ない気分だったが、DVDで見はじめると、たちまち引き込まれ、六時間を没頭させてくれた。
世界の命運が平凡な市民に託されるという設定はSFでは古典的だが、
本作の骨格はさらに古典的で、主人公は「さやか」であり、家族や恋人のために苦界に身を沈める少女の、自己犠牲の物語と受けとめた。
その分、最後二回のSF的解釈(因果律の組み替えなど)がやや弱く、
SF作品としての感動とは別のものが残った。

堀晃 – Wikipedia
(ほり あきら、1944年6月21日 – )は、日本の作家、SF作家。

そうですか?確かに”要らないセリフ”はありますがそれすらも西尾作品の魅力だと思って楽しんで読んでいますが。

その魔女おばさん曰く、この絵画は、現在から数百年前、大戦争や飢饉が頻発していた、まさに「世界が終わろうとしてた時代」に描かれたのだという。
そして、そんな時代に描かれた絵画であるにもかかわらず、それは心の平安を求めて描かれたような穏やかな絵画なのであった。

代表作:『SF街道二人旅』『エネルギー救出作戦』『マッドサイエンス入門』『漂着物体X』

宮部みゆき(1960生)

十二話で構成されているアニメーション『魔法少女まどか☆マギカ』は、お預かりしたときには戸惑いました。
少女だった時期は遥かに昔、五十路に入って、しかもアニメ作品には疎いこの私が、今さら魔法少女についていかれるものだろうか。

いざDVDを観始めたら、そんな戸惑いは吹っ飛んでしまいました。
映像のクオリティに驚き、一話目で早々と登場する〈魔法の結界〉のイメージの奇抜さと美しさに目を瞠り、二話、三話と観続けるうちに、健気な魔法少女たちに魅了されてしまいました。
これから観る方のために細部を記せませんが、この作品はよき企みがあるミステリーとして幕を開け、それぞれに自己実現を希う少女たちの友情物語として進行し、終盤でミステリーの謎解きのために用意されていたSF的思考が披露されるという、実に贅沢な造りになっています。

選考会でも記者会見でも、私は「十一話と十二話でだだ泣きしました」と申し上げたのですが、後でチェックしてみたら、最初に泣けてしまったのは第七話でした。
それは別に、私がかつて不器用な少女であったからではありません。
「誰かの幸せを願った分、別の誰かを呪わずにいられない」。
作中で繰り返されるこの言葉は、見事に人間の業を言い当てています。
それが、年齢性別を問わず、観る者の心を揺さぶるのです。
今回、小説の方に桁違いの傑作があったことで損をしてしまいましたが、私には忘れがたい作品でした。

宮部みゆき – Wikipedia
(みやべ みゆき、1960年12月23日 – )は、日本の小説家。
代表作:『パーフェクト・ブルー』『模倣犯』『ブレイブ・ストーリー』『楽園』



反之,批评madoka的业内声音却很少,除了富野那很暖昧的惊讶怎么小圆获得文化厅奖的话(并且下个月他就收了一本《白貌魔道师》去看),我能看到的也只有大友克洋和东浩纪的批评了,前者的话还有可取之处,后者当时这尴尬的立场(FRACTALE故事原案),以及“clannad是黄油界no.1”这样的发言,再加上FRACTALE事件时的表现,让人很难让人不怀疑其动机。

下面是大友克洋的评价:

・演出と音楽は一级品、でも作画でおかしい所ありすぎ
・ほむらの颜アップに吹いた、アレは酷い
・脚本も「オタクを欝にしてやろう」って悪意丸出しなのは结构、でもそれも中途半端
绿や上条とかもっとうまく使えただろ、尺が足りなくてスポイルしたのが丸见え

ともう一人のメンバーは話に飛び込んで、そう言った。

さて、千昭は何故、わざわざ、その絵画を観るためにやってきたのであろうか。

绿毛和上条的戏份不足确实是一个小遗憾以及事实,不过搭配上上一句的剧本中途半段,更多的是让人觉得他无话可说的感觉呢-

================================================

总之我认为我已经列出了足够论据,于是就这样为止了。再次强调开始所说的话,然后各位可以就全面性,真实性提出疑问,但是针对楼主发帖的意图,这些人的水平等等的话还是免了,希望没有不看内容就来蹚浑水的大神吧w

多分この人は西尾維新の作品が好きかもしれん、私はこう受け取った。自分も西尾維新の一部の作品が好きだから、理解できます。ですが、好きな部分は好きな部分で、気に入らない部分は気に入らない部分で、私にはその区別をはっきりしている。そしてちょっと離れた後、その人はもう一つの発言をしました。

千昭は、真琴に対して、この平成の御世が、彼が生きている未来に比べて、いかに素晴らしいかを語る。

最初から創作物って合う合わないがあるの誰もが理解している”はず”ですし、その作品がたまたま自分に合わなかった、と言うのなら全然、読む必要なんでないんですけどね。私もファン同士でしか話すことないので。

川が地面を流れているのをはじめてみた。

と言った。

自転車に初めて乗った。

それはどういう意味かな、私はあまり理解できなかった。と言うより、意味が分かるけど、その言葉の語気はあまり納得できなかった。そしてその”はず”にはちょっと気にするけど、どうしてクォーテーションマークを使うの?

空がこんな広いことを始めて知った。

多分この人は怒ったかもしれん、一応こう受け取った。じゃあ、この話題をやめましょう、と思いながら、自分は妥協な言葉を言った。

何より、こんなに人が沢山居るところをはじめて見た。

まあ、西尾の化物語は面白いと思っています。

ここからは僕の想像であるが、おそらく、千昭が生まれた時代は、その絵画が描かれた過去の大戦争や飢饉の時代以上に「世界が終わろうとしてる時代」なのであろう。
そこには、もう自然というものがない。例えば、手塚治虫の「火の鳥『未来編』」が描くような地下の人工都市にしか人間が住めない、そんな末期的な時代なのかもしれない。

と言いました。

そんな時代からやってきた千昭が、「帰らなきゃいけなかったんだけど、いつの間にか夏になった。お前らと一緒にいるのがあんまり楽しくてさ。」と語った現代。
そこには、大きな入道雲や蝉の声、夕焼けを映す川面など、平凡な風景があった。
そして、それら平成の日本の風景を舞台に繰り広げられる、ありふれた高校生活が、実はなんと素晴らしいものであったことか。
確かに、このアニメにも描かれているが、そこにはイジメもある。受験戦争もある。嫌な教師もいる。しかし、それでも、この時代に生きて高校生でいることは、かけがえのないことなのである。
おそらく、細田監督が描きたかったものの一つがそんな日常の美しさと高校生活の素晴らしさの再発見ではなかっただろうか。

——という失礼の話を言いましたが、その時の私は全然気付かなかった。

また、別の言い方をすれば、このアニメは、全編を通じて、真琴が走りまくるアニメでもある。このアニメは「女子高生疾走アニメ」と言い換えてもいいくらいだ。
多分、大人になってから、街を走っていると「大丈夫ですか」と言われるが、女子高生が走れば「気をつけなさい」と言われる。
だからこそ、「気をつけなさい」と言われる時期にこそ走っておくべきなのだ。この「時をかける少女」というタイトルには、そういう意味も含まれていると思う、多分。

こういう言い方する時点で話すことはないですね。

ちなみ、この物語が公開当時のリアルタイムである2006年の夏という、限定された一瞬をアニメフィルムに焼き付けたいという細田監督の想いは、例えば画面に出てくる駅前留学・NOVAや、真琴が使用するvodafoneのケータイに刻印されている。ご存知の通り、その年の10月にvodafoneはソフトバンクに換わり、次の年の秋にNOVAは経営破綻しその店舗数は激減する。
しかし、このアニメには、しっかりそれらが登場するが、おそらく、それらの企業ロゴは、このアニメが2006年の作品であったということを記録しつづけるためのギミックなのである。
これは断じて偶然ではない。これは細田監督自身が、極秘に入手したあの胡桃を使って未来を覗いたがゆえの演出だ...と僕は思っている。

と返事された。

さて、そんな物語は、クライマックスを迎える。真琴に、タイムリープの秘密を話てしまった千昭は、規則に従って元の時代に戻らなければならなくなってしまったのである。
そして、最後となった二人っきりの川辺で、真琴は千昭に約束する。

今度はこの文の意味は全然納得できなかった。

あの絵、未来へ帰ってみても、もう無くなったり、燃えたりしない。
千昭の時代にも残っているようになんとかしてみる。

結局、日本語専門の友達に聞いたら、これは喧嘩しちゃったじゃないですかと言われました。

この約束は何を意味しているのであろうか。そんなこと真琴は約束できるのだろうか。無粋な僕はそんなことを考えてしまったが...

えっ、何てですか。

ここで思い出すのが、魔女おばさんのことである。
彼女は、高校時代に好きな男性がいたのだが、「いつか必ず戻ってくる」という言葉を残して去ってしまい、それっきり会っていなかった。そして、そのままズルズルと独身のまま時間を過ごしてしまい年齢を重ねてしまった(おそらく、30代後半)という。
物語の中ではっきりと明言されてはいないものの、この魔女おばさんは1983年の「時をかける少女」(監督:大林宣彦、主演:原田知世)の主人公・芳山和子の成長した姿であることは確かなことだと思われる。
名前が同じなことはもとより、年齢的にも、あの頃、16歳だったとして2006-1983=23年で、ちょうど、現在の魔女おばさんの年齢(23+16=39)とも一致するし、何よりも、彼女が、タイムリープについて詳しいのは、その高校時代の体験のおかげなのでである。これで辻褄があう。
それを踏まえると、2006年の真琴は、その後、1983年の和子(魔女おばさん)と同じような人生を歩むのではないか、というのが僕の推理である。
魔女おばさんが、あの絵を後世に残そうと修復の作業をするその姿は、千昭に対して絵を残すことを約束した真琴の未来の姿を、現代に映したものではないだろうか。

私は慌てて原因を聞いたと、友達は、だって、”まあ”はお座なりの言葉でしょう?きっと怒るよと解釈しました。

女学生の時に”時をかける少女”となった少女は同じような運命をたどる。これが、タイムリープの陰に隠れたこのアニメ版「時をかける少女」のもう一つの「不思議現象」である。

そうなんですか…

しかし、魔女おばさんはその運命に逆らおうと、「あなたは私みたいなタイプじゃないでしょ、待ち合わせに遅れてきた人がいたら走って迎えに行くのがあなたでしょ」と言って、真琴の背中を押す。自分(初代”時をかける少女”)が出来なかった生き方を真琴(二代目”時をかける少女”)に託そうとする想いを込めて。

緊張した雰囲気を緩和する言葉と理解してしまった。

しかし、彼女達の恋の行方は、あまりにも残酷なもののような気もする。

其の後は、隊長さんにもそのことを教えてもらった。

最後に千昭と真琴はこんな会話をして別れるからである。

好きな作家を呼び捨てされたり、軽く評判されたり、嫌ではありませんか。

未来で待ってる。
うん、すぐ行く。走っていく。

と隊長さんはそう言った。

未来の世界に行ってしまった千昭にどうやって会くというのだろうか。

なるほど!私は気付かなかったことは”呼び捨て”ということですね。

真琴にはもう会えないと知っていながら、愛情と現実の狭間でギリギリのウソをつく千昭に、「いつか必ず戻ってくる」と言ったまま帰ってこなかった魔女おばさんの初恋の人(未来人)がダブる。
しかし、それでも、千昭に再び会える未来を信じる真琴の気持ちに対して、敢えてキスを避けた千昭に、僕は、最後の優しさを見てしまう。

日本人は好きな作家に”先生”とつけますからねと隊長さんはもう一言付け加えた。

さて、この切ないシーンを残酷と言わずして何と言えばいいのであろうか...

これらを知った後,先ほど間違った言い方をして失礼しました、と謝った。

しかし、そんな臆病な心配は、真琴には、無用なのかもしれないということも僕は判っているつもりである。
それは奇跡を体験した”時をかける少女”にとって、そして、おそらく全ての若者にとって、世界とは、十二分に、何が起きるかわからないものだからである。

そしてもう二三日を過ごした後。

Time waits for no one!!(光陰矢のごとし)

皆さんと成語の話をしていた時、私は隊長さんに内々で注意されました。

誰にだって未来のことはわからない。後悔するよりも、理屈抜きで全力で走ることの方が意義深い季節もあるに違いない。

ぐいぐい行くのは気を付けてくださいね。人によっては嫌だったりします。

そんな残酷な青春を描いたこのアニメは、現在を生きる全ての若者に観て欲しい作品だと僕は思う。

と言われましたが、何のことを指摘してるのがあまり分からなかったけど、一応、はい、わかりました、すいませんでしたと返事した。

まさむね

確かに自分はほかの人と同じ、成語の話をしていたはずだけど、なんて嫌われたのかな…

こう思いながら、隊長さんにぐいぐいの意味を聞いた。

自己主張を激しくし過ぎない、と返事しました。

日本人は自己主張が苦手ですから、来られると困ってしまいます、と。

そうですか、すいませんでした。

結局、どこが自己主張を言ったのかを知らず、このままで会話を終えた。

やはり、文化の差異が感じます。

私の周りの人は、遠慮なく自己主張を言う人です。アメリカの大学では、クラスの討論をするとき、自分の観点を言わないとだめです。中国でも、友達と一緒に食事をするとき、みな遠慮なくこれおいしくない、まずいねというのも言います(私はあまり食べ物を評判しないけど…感謝の気持ちで何でも食べますので)。

もし私は日本に生活したら、きっとつらいと思います。

それでも、挑戦してみたいと思っている自分は、どこが壊れたかも。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注